スポンサーリンク

オススメのアニメ【エウレカセブンAO】

【アニメ】 見なきゃ損!おすすめアニメ

2019/12/16更新しました

こんにちは、イッポです。

40代のオサーンですが、アニメ、マンガなどサブカルチャー大好きな人間が見て面白かったアニメをご紹介。

あくまでも、イッポ個人的に面白かったという観点からなので、万人受けするかはわかりません。www

でもまぁ、たぶん面白いと思いますよ。m(__)m

かなりの量のアニメを見て、毎日楽しんでいるのですが、最近娘からの視線がイタイ。

う~ん。どうしよう。

まっ。そんなこと言ってても始まらないので、いってみよー。

お前、よく結婚できたなwww

お、おうぅ。奇跡かもな・・・。

そんなこと気にせず、いってみよー。(*^_^*)

エウレカセブンAO

最後のAOは「アストラル・オーシャン」の略です。

2005年より放送された超名作「交響詩篇エウレカセブン」の続編です。

エウレカセブンAO
出典:エウレカセブンAO:https://eurekaseven.jp/archive/eureka_ao/
エウレカセブンAOはこんな感じです。
ジャンルSF、ロボット
監督京田知己
アニメーション制作ボンズ
放送期間2012年
話数全24話+特別編

これもかなり面白いですよ。

前作のエウレカとリンクするところがいっぱいあって、楽しくて仕方がないっす。

前作のエウレカセブンはどちらかというとファンタジックな世界観だったけれど、AOは「沖縄」「日本」「アメリカ」など実在する名前が出てくるのでそこらあたりで、最初は困惑するかも。

ストーリーが進んでいくと主人公「フカイ・アオ」と前作のレントンやエウレカ達の世界との関係性が明かされていきます。

エウレカセブンAOのスタートはこんな感じ

西暦2025年。世界に謎の物体スカブコーラルが出現、スカブコーラルの発生エネルギートラパーを人類はいろんな面で活用する事に決定、プラント(プラントコーラル)を各地で展開する。それに異を唱える沖縄の磐戸島は日本から独立!!その中で主人公の少年フカイ・アオは生活をしていた。彼は幼い頃より周囲の人々から迫害を受けつつも、義理の祖父、フカイ・トシオの教育でひねくれることはなく、素直で優しい心の持ち主であった。ある日アオは運び屋のガゼル一味に浜辺で出会い、そして運命の緑色の腕輪を拾う。

中学校の入学式当日、突如シークレットと呼ばれる怪物が現れ磐戸島を襲う。アオが幼馴染のアラタ・ナルの家に向かう途中、腕輪に「EUREKA AO」という文字が浮かぶ。それを取り戻すべく現れたガゼルとワチャワチャの末、アオは日本軍の輸送艦に搭載されていたIFO・RA272 ニルヴァーシュの元へ。IFOに乗り込んだアオは戦闘でシークレットを撃破するも染めていた髪色が地毛の青色に戻る。それが元で島の人々のアオに対する風当たりは更に悪化。沖縄独立派に拉致されたアオは日本との交渉の道具になりかけるも、反発したガゼル達に助け出される。祖父の診療所の放火騒動も知ったアオはもう島で生活出来ない事を悟り、行方不明の母を探すべく、昔の母を知るイビチャ・タノヴィッチの所属する民間企業「ゲネラシオン・ブル」に入隊を決心する。

相変わらずキャラクターも超素敵に描かれています。フレア、エレナ2人は最高ですし、他の女の子キャラも男性キャラも最高です。こちらはフレアちゃん。(*^_^*)

キャラクター
出典: https://eurekaseven.jp/archive/eureka_ao/

ただ、24話で解説するのは短かった印象がありますね。少々強引に話をつなげて言った感がある。m(__)m

できれば前作の50話構成だったなら、色々とわかりやすかったんじゃないかな~。ここだけが残念。

あっ、もう一つ残念があった!!

なんだ?オメーの思考能力のことかwww

そうじゃなくて、・・・・

ちょこっとだけネタバレになりますが、許して。

レントンの声が何でホランドやねーーーん!!

ここだけは、変えてほしかった。ファンからすると違和感しかない・・・。はぁ、文句言ってもしょーがないのですが。

エウレカセブンAOのテーマ
オープニングテーマ
EscapeHemenway
プレイブルーFLOW
エンディングテーマ
stand by meステレオポニー
アイオライトjoy

エウレカセブンAOの各テーマ曲は名曲だらけ。

特にEscape,プレイブルー、satnd by meあたりはイッポの超お好みですよ。

一度探して聞いてみて頂けると、良さがわかります。

[ EUREKA SEVEN AO ] opening 1
1stオープニングテーマ:Escape
FLOW 『ブレイブルー』
2ndオープニングテーマ:プレイブルー
Eureka Seven Ao Ending
1stエンディングテーマ:stand by me

ここから下はネタバレありなので、ご注意くださいね。

第1話 ボーン・スリッピー 

沖縄の離島で老医師・トシオとともに暮らしていた少年「アオ」は中学の入学式を目前に控えていた。そこへ突如現れた謎の存在が「スカブコーラル」を狙い容赦ない攻撃を仕掛ける。その時アオは・・・。

第2話 コール・イット・ホワット・ユー・ウォント

スカブコーラルによるスカブバーストの危機。そしてシークレットの襲来。混乱の中、ブレスレットの紛失に気付いたガゼルはアオを連れて依頼主の乗る日本軍・特命輸送船「しもきた」の乗り込もうとするが・・・。

第3話 スティル・ファイティング

マーク・ワンと呼ばれるIFO、その名前はニルバーシュ。島の洞窟にニルバーシュを隠したアオはナルの父「ミツオ」に拘束されカズユキの道場へと連れて行かれる。そしてカズユキは13年前の謎の女のコトを語り始める・・・。

第4話 ウォーク・ディス・ウェイ

連合軍沖縄基地では、アメリカ軍のIFO・アイゼンハワーが発進を控えていた。IFO部隊を指揮するニキ・タナカの目当てはニルバーシュ。一方新たなシークレットが現れた磐戸島では戦闘が続いていた・・・。

第5話 タイトゥン・アップ

チーム・パイドパイパーに参加することを決めたアオは、トリトン号でゲネラシオン・ブル本社に到着する。そこは数千人が働く巨大な塔で、1つの都市に匹敵する規模を持っていた。アオがフレアに連れられ居住ブロックに向かうと・・・。

第6話 ライト・マイ・ファイアー

チーム・ゴルディロックスはカリブ海上でシークレットと接触する。シークレットの思わぬ攻撃に次々と撃墜されるIFOのレクイエム、グロリア、クレド。また三機を救おうとした母艦メドン号も傷つき大破してしまう。現場に到着したパイドパイパーだったが・・・。

第7話 ノー・ワン・イズ・イノセント

ゲネラシオン・ブルの本社前に現れた謎の人物。次々とさまざまに姿を変えるその人物は「トゥルース」と名乗った。トゥルースはゲネラシオン・ブルに対して攻撃を開始すると、ビルの中へと進んでいく。正体不明の敵から宣戦布告なしの攻撃を受けたゲネラシオン・ブルは・・・。

第8話 ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ

トゥルースを追うためにニルバーシュを発進させようとしたアオだったが、それは止められてしまう。その後フレアはアオをわざとらしく付け回していたガゼルから、アオの父親のコトを聞く。その頃中東の独裁国家ファイサルアラビアに大型スカブコーラルが出現する。一旦は出撃したチーム・パイドパイパーだったが・・・。

第9話 イン・ザ・ダーク・ウィー・リヴ

季節は夏へと変わっていく。プールで平穏なひと時を過ごしていたアオたち。その頃ゲネラシオン・ブルは日本政府が人工的にスカブバーストを起こす実験を試みようとしているという情報をキャッチする。実験の首謀者はナカムラだった。さっそくチーム・パイドパイパーは日本へと向かう事になる・・・。

第10話 リリース・ユア・セルフ

アメリカにスカブコーラルが出現した。出撃したチーム・パイドパイパーだったが、政治の壁に阻まれ、アリゾナに隣接するメキシコ領で待機をすることになる。待機中に話題に出たチーム・パイドパイパーの名前の由来。なぜパイドパイパー「笛吹男」なのか。その頃レベッカは・・・。

第11話 プラトー・オブ・ミラー

オーストラリア北部にスカブコーラルが出現した。出動したパイドパイパーだが、シークレットは依然出現しない。しかしニルバーシュで出撃したアオはそこでまがまがしい姿をしたトゥルースの影を見る。トゥルースの影はフレアと父ブランとの不仲を見越したようにフレアを挑発する絵を地面に書いて姿を消した・・・。

第12話 ステップ・イントゥ・ア・ワールド

人工衛星の軌道近くにスカブコーラルが出現。シークレットの登場によりスカブバーストが起こると大量のスペースデブリが発生することになる為、チーム・パイドパイパーは宇宙へと赴く。接触するのはゲネラシオン・ブルの宇宙における拠点であり、チーム・ハーレクインの母艦でもあるプロテウス号。実はプロテウス号は・・・。

第13話 シーズ・ア・レインボウ

月光号によって無事海上に着水する事ができたアオとエウレカ。救助を待つ二人の間に穏やかな時間が流れる。やがてチーム・パイドパイパーがエウレカとアオに接触する。その時イビチャはエウレカに「お久しぶりです」と声をかける・・・。

第14話 スターファイアー

トゥルースと戦うのは、アオの乗るニルバーシュとエウレカの乗るニルバーシュspec2。その時海の向こうに光の柱が現れる。アオはひらめき、エウレカをもとの世界に返すには、あの光の柱の中に入ればいいのではないかと考える・・・。

第15話 ウォー・ヘッド

人型へと進化しつつあるシークレット。その対応に追われるチーム・パイドパイパーだったが、アオの脳裏にはナルとの決別、そしてエウレカの残した「シークレットは敵ではない」の言葉が残り、肉体的にも精神的にも疲弊していた。その頃日本はシークレットを・・・。

第16話 ガーディアンズ・ハンマー

作戦名「ポラリス」が発動した。ゲネラシオン・ブルが保管してきたすべてのクォーツを宇宙から投下。世界中のシークレットを引き付けた後、北極で融合爆裂を起こし、全滅させるという作戦。アメリカをはじめ世界各国が・・・。

第17話 ラ・ヴィアン・ローズ

アオがニルバーシュで発砲した大砲:クォーツ・ガン。その発砲の影響により、北極圏にはノースポールライトと呼ばれる光が残った。バイキングの時代から観測されていたというその光を前に、ラジクマールはクォーツ・ガンの・・・。

第18話 ドント・ルック・ダウン

クォーツ・ガンの強大すぎる力。その力をみだりに使えば、ゲネラシオン・ブルにとって悪影響を及ぼす。しかしエウレカの為にも捨てることができない。悩んだアオは「ポラリス」で共同作戦をとったアメリカ軍のニキ・タナカと合い・・・。

第19話 メイビー・トゥモロー

ゲネラシオン・ブルの送電が停止する。それはゲネラシオン・ブルに対して、親会社ビッグ・ブルー・ワールドが講じた措置であった。だがそうした逆風にもうろたえず、ブランはシークレットの排除業務からスカブコーラルへの・・・。

第20話 ベター・デイズ・アヘッド

連合軍に包囲されたゲネラシオン・ブル。地下で起きた爆発とともに、ブランと連絡が取れなくなる。予備電源もなく、ゲオルグも失ったゲネラシオン・ブルになすすべはないのか。苦悩するイビチャ。レベッカがこれ以上の話し合いは無駄と言いかけた時・・・。

第21話 ワールド・トゥ・ワールド

日本軍と協力体制を確立したゲネラシオン・ブル。だがエレナは連邦軍グアム基地に所属していた。エレナはそこで知り合ったマギーから、スカブコーラルと共生しているコーラルキャリアの人間もまたIFO適性を持つことを教えられる・・・。

第22話 ギャラクシー・トゥ・ギャラクシー

カノンと一体となって現れたトゥルースは、タナカの搭乗するエイブリンカーンを攻撃。続けてニルバーシュとも戦いを始める。中京都でそれをしったフレアはシークレットにトゥルースの目的を問う。「彼はもはや病んでいる」。そう答えるシークレット・・・。

第23話 ザ・ファイナル・フロンティア

トゥルースのカノンによって攻撃される沖縄。トラパーバブルで築かれた繁栄がいかにもろいものかをナカムラは実感する。そんなトゥルースと戦うアオの前にナルが現れる。トゥルースはナルに導かれるまま、スカブと一体化し海巨人の姿となる。だが真実の世界を求めるトゥルースは・・・。

最終話 第24話 夏への扉

神回

ポールライトの中から現れたLFO。ニルバーシュspecv3に乗っていたのは、レントンと名乗る男だった。レントンはエウレカの夫、つまりアオの父。レントンはアオたちの世界からスカブコーラルを消すために現れたのだった。クォーツ・ガンを使えるのはあと1回。。アオの決断は・・・。


こんな感じですね。

まったねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました